口コミから優良な外壁塗装を探そう|質を重視する

パネル選びが重要

太陽光パネル

パネルによる違い

太陽光発電システムを導入しようと思った際にポイントとなるのが、そのシステムを販売している業者と太陽光発電システムそのものを製造している製品です。販売している業者の多くは太陽光発電システムを専門に取り扱っているところが中心で、施工実績のある業者であれば、ほぼ問題がありませんが、一方で施工そのものが問題がなくても太陽光発電システムの品質によって発電量や耐久性に違いがあります。太陽光発電システムにおいて重要となるのが太陽電池パネルの寿命です。基本的にはどの太陽電池パネルも経年によって発電量は低下していきます。一般的に考えられる低下としては20年後で1割程度、30年後には2割程度も低下すると考えられています。このため初期の発電量が多くても将来的に発生する発電量の低下が大きければ、それだけトータルでの発電量が減るということになります。その点において有利なのが京セラです。京セラは日本で初めて住宅用の太陽光発電システムを販売した会社であり、28年以上の実績があります。また実際の発電量低下に関するデータも取られており、そこでは25年経過で9%と他の製品よりも低下量が少なくなっています。それに25年以上作動し続けるという実績も京セラを選ぶ理由といえます。一方で京セラは住宅用としては、やや知名度は低くなっていますが、学校に導入する太陽光発電システムやメガソーラーでは多くのシェアを獲得しており信頼性のおける太陽光発電システムとして利用されています。