口コミから優良な外壁塗装を探そう|質を重視する

屋根や外壁を強くする作業

塗装業者

屋根や外壁は防水効果がある塗料で塗装してあります。しかし、紫外線や雨によって塗料の効果は年々減少していきます。宮城では海が近い地域では塩害、山が近い地域では雪の影響による塗料の劣化もおこります。塗料の劣化を防ぎ、防水効果を高めるには定期的な塗装工事が必要です。塗装工事は大掛かりな工事になりそうなイメージがありますが、30〜40坪の建物だと約10日程度で工事は終了します。およそ10日間で行われる業者の作業について説明します。塗装工事は建物の周りに足場を組み立てるところから始まります。足場を組み立てたら建物全体を飛散防止シートや養生シートで覆い、高圧洗浄機で屋根と外壁についている古い塗料や汚れを落としていきます。古い塗料や汚れがついていると塗料の密着度が下がるからです。丁寧に洗浄したあとは屋根と外壁を十分に乾燥させ屋根や外壁の補修を行います。塗料が劣化した屋根や外壁はひび割れや凹みが出来ていることが多いのでコーキング剤などで補修していきます。これは、下地処理と呼ばれている重要な作業なので、宮城の塗装業者は時間をかけて丁寧に下地処理を行っています。下地処理が終了したら屋根と外壁に塗料を塗ります。宮城では3度塗りを基本にしており、塗料を3回に分けて塗装しています。3度塗りの間に乾燥させる時間が入るので塗装に4日間程度かかります。時間はかかりますが3度塗りすることで塗膜を厚くなり防水効果を高めることができます。3度塗りが完了したらシートや足場を外して施工主に仕上がりを確認して貰います。宮城の業者は保証書の発行やアフターサービスにも対応しています。塗り替え時期が来たら宮城の業者に相談することをおススメします。